ICU受験対策英語コース

中高生を対象とした、ICU受験(その他の英語力が問われる私大や留学対策も可)をサポートするコースです!英語を主体に、論文や読解なども同時に指導します。

ICU合格への道筋とは?


 佳子様が入学されたことでも注目を集めているICU(国際基督教大学)ですが、ここの大学の受験は大変特徴的です。通常のセンター試験型とは異なり、主に英語の読解力と日本語の読解力、社会問題や国際問題への知見、そして物事を自分の感性を用いて捉え、批判的に考え、柔軟に発想する力(Critical Thinking)が問われます。本コースではICU04卒のDavidがICUに行きたい中高生向けに指導を行います。

 

1.キャンパス見学

 まず、一番重要なのは、ご本人のモチベーションを上げること。そのために、実際にキャンパス見学に行くことをお薦めします。ご本人が「ここに行きたい!」と思えば、自ら頑張る力が湧いてきます。

 

2.基礎英語力の徹底指導

 英語をしっかり学びつつ、ご本人の「考える力」を鍛えます。バリバリの受験文法英語というよりも、文法や読解もしっかり抑えつつ、「聴く」「話す」「読む」「書く」それぞれの面において、使える英語力の強化につながる指導を行います。(そもそも使える英語力になっていなければ、入学後にとても苦労します。)

 

3.論文指導

 論文には特に力を入れます。なぜなら、論文の強化には「考える力」そのものの能力開発が凝縮されているからです。新聞等を題材に使って、世の中についての理解を深めつつ、自分なりの視点を持って議論を組み立てることを訓練します。物事に大して自分なりの考えを持ち、独自の切り口から、説得力のある議論を組み立てていくことができれば、ICUを問わず、社会人になってからも必ず大きな力になります。

 

⇒これらのポイントを押さえると、ICU受験の対策としては、いかに沢山の文章を読み解き、いかに多く書くか(日本語・英語両方)、が重要ということがわかります。

 

指導方法は?


A. 直接指導

 直接の対面指導では、まずは物事の見方、考え方を広げるための訓練と、論文の「型」をつくる指導を行います。特に「問題解決思考」と「連鎖(関連付)思考」を鍛えることによって、発想に必要なフレームワークを本人の頭の中に作ります。その上で、新聞記事等や社会時事問題等に対する解決法を考えて対話で意見を交換する「仮説トレーニング」によって、知的好奇心を刺激し、「思考力」をベースから強化します。その上で、文法、読解、論文などの具体的な試験対策のためのトレーニングまでしっかりサポートします。(※古文・理系教科はサポートしません。あくまで英語力の強化、日本語・英語の論文対策、そして全てのベースとなる思考力の強化に特化しています。)


B. メール指導

 Webメールを使った間接指導は、いわゆる文通形式です。原則として毎日特殊なフォーマットの「頭を使う日記」をPCメール(日本語部分と英語部分があります)で書いて送ってもらうことにより、考えていることや日々感じていることを表現する習慣をつけてもらい、内容に対するFB(アドバイスや文章校正、別の視点からの指摘や質問)を行うことで、思考力を鍛えます。また、こちらから投げかけた質問に答えてもらう形のミニ論文課題も出します。コツをつかめば1回30分程度で出来るようになりますが、最初は最低でも1時間30分はかかります。Web間接指導だけでも、マジメに続ければ確かな言語思考力の強化につながります。


 ※メール指導は直接指導に比べ、部分的なサポートにはなりますが、遠方の方でも可能です。気軽にご相談ください。


必ず受かる?


 そこまで甘くはありません。ご本人のICUに入学したい!という気持ちと頑張り、そして周囲の環境次第と言えます。以下の5つの質問が”YES”なら、合格に向けて必要なギリギリの必須条件は揃っています。ご信任頂ける場合、全力でご本人の本質的な能力開発(ICU受験には最も大事な要素)をサポートいたします。

 

1.本人が受かりたいか?

 本人にその意志がない場合、合格は100%無理です。本人が受かりたいと思えば、どんなに勉強が苦手でも可能性は生まれます。

 

2.最適な指導者がいるか?

 やはり、高校生レベルの自学では限界があります。物事の考え方や、視点の切り口に気づかせてくれる指導者が近くにいることは、合格への必須条件です。

 

3.親しい友人とどういう話をしているか?

 人は近くにいる人間の会話レベルが低いと、足を引っ張られます。よくコミュニケーションを取る親しい友人がいる場合、彼らと一緒に学習し、友人同士で会話レベルを高めあっていけるのがベストな方法です。(誰かが不合格になる可能性を心配するマイナスよりも、切磋琢磨して会話レベルが高まるプラスの方が大です)

 

4.両親家族が応援しているつもりで本人に強制していないか?

 人は強制されるとやる気を失います。両親がプレッシャーをかけるより、優しく見守り、本人の意思を尊重してください。

 

5.(勉強をしてこなかった子の場合)受験までに1年以上の時間が残っているか?

 まれに例外はありますが、基礎学力が低い場合、よほど集中して勉強しない限り、1年以内の勉強で合格することはそうカンタンではありません。留学や他の私大受験等といった二次選択肢を持って対策することをお薦めします。仮にICU合格は難しかったとしても、考える力を育てることは生涯を通じてご本人の財産に必ずなります。


受験までに残り1年以上の猶予があるのでしたら、現在の本人の偏差値や高校の先生の評価を必ずしも鵜呑みにする必要はありません。人は必ず成長できます。以上の5つの条件を踏まえ、本人を中心として合格を目指して頑張りましょう!!!


指導料金は?


 

 ◆個別指導: A. 55分×月4回 月額¥24,000/人

 

 ◆集団指導: 2名 月額¥12,000/人 3名 月額¥10,000/人

        4名以上 月額¥8,000/人

 

 ※指導場所は越谷市近隣エリア限定です。時間はご相談の上で決定します。

 ※個別から始めて人数が徐々に増える場合、指導人数に応じて指導料金変更します。

 ※時間枠に制限があるため、埋まり次第、新規受付は終了となる場合がありますのでご了承ください。

 ※初期費用はかかりません。月額は毎月初のお支払いとなります。

 ※お子様に合わない指導方法と感じられた場合、前月末までのご連絡で解約可能です。

 

 

まずは気軽にご相談ください。