Our Concept


 

True friendship is what makes us humans.

 信頼できる友人関係を育ててこそ、ぼくらは人間でいられるんじゃないかな。

 

Everybody knows what is right, but nobody knows how to live up to it.

みんな何が正しいのかって知ってるくせに、誰もその原則に忠実に従って生きようとはしないのさ。

There are tons of problems before us, and everyone seems to know how to deal with them. It's simple and clear as snow, but some people somehow likes to leave things to be complicated. They want to believe that they are smart enough to solve the puzzles, but I'll tell you, it's not a puzzle, it's simple as rain falls and water flows down the river, and the principles never work the opposite way.

 

ぼくらの前にはたくさんの問題があって、みんなほんとはどう対処すべきかを知ってるかのように見える。雪のようにシンプルで明らかなことなのに、ある人達は物事を複雑なままにしておきたいんだ。彼らは自分たちがそのパズルを解けるだけ賢いと信じていたいわけだけど、言わせてくれ、それはパズルなんかじゃなく、雨が降り、水が川を下るくらいにシンプルなんだ。そして、原理原則というものは決して逆転はしない。

 


Stop blaming politics like a crying baby asking for mother's milk, coz they're not your mom.

母乳を求めて泣き叫ぶ赤ちゃんみたいに、政治を責めるのはもう辞めなよ、彼らは君のママじゃないんだからさ。

The solution is not in the politics. Asking for redistribution of wealth is way too lame, because everyone says they want to help people in need, but nobody dares to give away more than a half of the wealth they've got. So we shouldn't expect this miracle to occur some day.

 

Furthermore, if you have been not so well off and get significant amount of money one day all of a sudden, you'll just waste all of them and soon find yourself broke again. Money requires some financial literacy before you can actually handle it, and it's not something you can learn at a desk, because the root of stupidity is lustfulness and greediness. You need to be capable enough to own money and the power that comes along, not to let them own you.

 

And if most of us are stupid enough not to be able to handle money and power, how can democracy work efficiently? Opinions are made, and votes are collected. Somebody is pulling the wires, and we are all dancing. Democracy itself is basically an illusion if we're not equally smart and rich. Our politicians are not serving the public if they are also full of lust and greed. So what do you expect out of politics when we all are not perfect?

 

 

解決は政治の中になんてないよ。富の再分配だなんて、ちょっと古すぎでしょ、だってみんな困ってる人を助けたいとは言うけれど、誰も持ってる富の半分を分け与える人なんていないでしょ?だからそんな奇跡がいつの日にか起こるだろうなんて期待しちゃダメなの。

 

さらに言えば、裕福でなかった人がある日突然大金を手にしたら、無駄に浪費して、すぐにまた金欠状態に逆戻りするに決まってる。お金をきちんと扱えるようになるには、それなりの経済的リテラシーが必要で、それは本から学べるようなものんじゃないんだよね、だって愚かさの根源っていうのは欲望と強欲さだから。お金とそれに伴ってもたらされる権力を所有するには、それらにふさわしい人間でなくてはいけないんだよね。お金と権力に自分が所有されてしまうことのないように。

 

そして、もし私たちのほとんどがお金と権力を扱えるほどには賢くはないとすれば、民主主義なんてどうやって機能するっていうのさ?意見は作られ、票は集められる。誰かが操り人形の糸を引き、ぼくらはただ踊るんだ。民主主義なんてものは、そもそも私たちが平等に賢く裕福でもない限り、ただの幻想なんだよね。政治家だって強欲にまみれているのだとすれば、彼らが公のために使えるわけがないじゃない。ぼくらみんなが完璧な人間じゃないとすれば、政治に何を求めるっていうの?

 


Money might buy you food, but money isn't enough to make you happy.

お金で食糧は変えたとしても、幸せになるにはお金だけじゃダメなんだ。

Hey capitalism, you made us and the world fat as a hamburger. Yet we respect and appreciate what you've brought to everyone's lives, we might as well get back on our feet again and think what the monetary system is for.

 

Imagine the first humans who lived in a small village. They stuck to each other to save themselves from the possible attacks of wild beasts, and they collected nuts and herbs to survive. Nothing was owned, everything was to be shared.

 

As the community had gotten bigger, the strong and powerful guys started to use violence to control distribution of food and allocation of the land resources. They got the biggest share just by ordering other people to work hard, and some hardworking guys started to question the system in which they can get only a little piece of pie. And they armed themselves to turn it upside down.

 

However, the social classes were still immobile. The ruling class exploited the wealth and kept the people poor and powerless. So some brave guys stood up to voice out the rights and freedom on the people's side. They started to represent the people against the power, and eventually caused a revolution to get the power back to the people, and they named it a civil government. They've also promoted the monetary system that ended the barter economy and opened the opportunity for the people to go across the different social classes that had been fixed before by earning money and the power.

 

And the people came to worship money as god. They stopped helping others by sharing what they have, and the new rich made a new exploitation system. The rich guys let their money work for them to earn even more, and before they knew, they were collectively the ruler of the world with no sense of responsibility attached to their power. So this is how just one of the means to live with other people in the society turned to the ultimate purpose of one's life. 

 

And by nature, human beings were selfish. A great hero called Jesus showed the way for us to live together by sacrifying his own life for the others, people remained the same. And when some great virus was sent to attack human beings, some people stayed home in anger finding the target to blame, and some others tried to earn money out of other people's losses. There were great lessons, but they have never changed their nature.

 

So isn't it about the time to realize how deeply we are enslaved by the new god, money? Yes, money is not evil, they are good. But if everyone tries to just save themselves on other people's unhappiness, how evil the consequence of it can be? Now, what we have to learn is how we can let it go. If you are well off, let your money work for other people's happiness. Stop thinking about how to make your own profit bigger, because that's your social duty only given to the ones who hold a share of the new ruling power. If the money comes back to you with thanks and smiles, appreciate the fruit it will bring back to you, and reinvest the money for the sake of others, because that's the only way how we can work to save the world. Lust and greed in everyone's heart is creating the huge financial disparity, and all the elaborated efforts to cover up the greed with superficial beauty are making things look complicated. No, it's not. Go down on earth and give away the extra part of what you've got, and then you are over the passing human beings.

 

なあ、資本主義、お前はぼくらと世界をハンバーガーのようにブクブクにしたね。お前がみんなの生活にもたらしてくれたものへの敬意と感謝は忘れちゃいないけど、ここらで原点に回帰して、そもそも通貨制度が何のために存在するのかについても考えてみたいなって思うんだ。

 

小さな村で暮らし始めた最初の人類を想像してみなよ。彼らは野獣の攻撃から身を守るために固まって行動し、生き延びるために木の実や野草を集めた。そこに所有の概念はなく、あるのは分かち合いだった。

 

共同体が大きくなるにつれ、強い者たちが暴力を使って食べ物の配分や土地資源の分配を操作するようになった。彼らは他人によく働くように命令しているだけで最大の分け前を手に入れ、やがて働き者達はわずかな分け前しか受け取れないシステムに疑問を抱くようになった。そして彼らは武器を取り、力関係を反転させたんだ。

 

とはいえ、それでもまだ社会における階級間の移動は非流動的だった。支配者層は富を搾取し、人々を貧しく非力なままで居続けさせた。だから勇気あるものたちが立ち上がり、民衆側に自由と権利を取り戻すために声を上げた。彼らは民衆を代表して権力に立ち向かい、やがて革命によって民衆の側に力を取り戻し、民政政府を打ち立てた。同時に通貨制度を確立させることで物々交換経済に終止符を打ち、人々が固定化されていた社会階級を、お金と権力を稼ぐことによって横断的に移動できる可能性を開いた。

 

そして民衆はお金を神として拝むようになった。彼らは自分たちが持っているものを分け合うことによって他者を助けることを止め、新たな富裕層は新たな搾取の構造を作り出した。金持ちは持っているお金に仕事をさせてさらなる稼ぎを生み出し、知らぬ間に、彼らは無意識のうちにであれ、集合的に世界の支配者になっていたが、本来権力に伴うべき責任意識は持たなかった。こうして社会で他者と共に生きていくための一つの手段でしかなかったお金は、やがて人生の究極の目的と化していった。

 

本質的に、人間とは自己中心的なもの。ジーザスという偉大なヒーローが他者のために自分の命を犠牲にすることによって共に生きる道を示したけれど、人々は変わらなかった。そしてある強いウイルスが人類を攻撃するべく送り込まれたとき、ある人々は家にこもりながら怒りをぶつける対象を探し、またある人々は他人の損失を利用してお金を儲けようとした。素晴らしいレッスンは与えられていたのに、彼らは自分自身の本質を変えようとはしなかったんだ。

 

お金という新たな神に、僕らのマインドがどれほど深く奴隷化されているのかについて、そろそろ気づいてもいい頃ではないかな?そう、お金は悪くない、お金はいいものだ。だけど、もしもみんなが他人の不幸の上に自分を救おうとしているのだとすれば、その結果はいかに悪いものになり得るか。今僕らに必要な学びとは、どう手放すか、ということなんだ。もしも君が裕福なら、そのお金を他人の幸せのために働かせたほうがいい。自分の利益をより大きくすることはそろそろやめてもいいんじゃないかな、だってそれはお金という新たなる支配力の一部を担ったものとしての社会的義務なんだから。もしもお金が感謝と笑顔を持って君のところに戻ってきたなら、その成果を喜んで享受して、また他人のために再度使えばいい、だってそれ以外に世界を救うために働く方法なんてないんだから。すべての人の心に宿る愛欲と貪欲こそが巨大な経済的偏差を生み出し、強欲を表層的な美しさで隠そうとする手の込んだ努力が物事を複雑に見せているんだ。でも、違う。地上に降りて、持っているものの余分な部分を人に与えることができたとき、僕らはいまや終わりに近づきつつある旧態依然とした人類を超えていくことができるはずだよ。

 

 


Stop resorting to violence like bullying kids make bullied ones shut up.

いじめっ子がいじめられっ子をむりやり黙らせるみたいにさ、暴力に頼るのはもう辞めようぜ。

Savage, savage, savage. Why do we still try to get armed to make others quiet and submissive? You don't want to die, and you don't want your family members to be killed. If we all know that, why would we do the opposite to the other people? I mean, read the Bible, asshole.

 

We've killed so many imaginary enemies by now, just to create bigger enmities. However, we're adults, not rebellious teens anymore. If you look at the aged societies we have here in Japan and many other countries, it is obvious that the world is damn aged and we're all supposed to be incredibly mature.

 

And we all know where all the hatreds come from. It comes from our narrow-mindedness. Let's say you live in an island where three tribes live close to each other. And you guys hate other tribes and try to be more powerful than them. However, one day a huge foreign boat comes close to the shore, and they are from another island. Then the three tribes get together to fight against the foreigners. It's understandable, because we have a fear that we might be back-stabbed by somebody who come close smiling. To protect ourselves, we minimize our mind scale, and this small mentality causes us to hate foreigners.

 

However, we need to grow up to admit that everyone is equally weak and insecure, and stop being armed to hide the weakness and fear inside. It's seriously uncool.

 

 

野蛮、野蛮、野蛮。なんでぼくらはいまだに他人を黙って服従させるために武装しようとするんだろうね?君は死にたくないし、家族を殺されたいヤツなんていない。それがわかっているなら、なんで他人には逆のことをするんだろう?聖書読んでんじゃねーのかよバカ、って話。

 

ぼくらは沢山の想像上の敵を殺してきたけれど、それはさらなる憎しみを生み出すだけだった。とはいえ、僕らはもう大人で、反抗的なティーンなんかじゃない。日本や他の国々の高齢化社会を見ただけでも、世界がもはやアホみたいに年を食っていて、ぼくらもやばいくらい成熟してなきゃおかしいってことなんて言うまでもないだろうに。

 

そしてぼくらはこのすべての憎しみがどこから来るかを知ってるんだ。それはぼくらの心の狭さから来るんだよ。例えば君が島に住んでいて、三つの部族が暮らしているとする。君たちの部族は他の部族のことを嫌っていて、他よりも優位であろうとしのぎを削っているんだ。でもある日、巨大な異国の船が岸に近づいてきて、彼らが他の島からの来訪者だとわかったとき、三つの部族はひとつになって外来人と戦うのさ。その心理はわかるよ、だって笑顔で近づいてくる誰かが後ろから刺してくるんじゃないかって恐怖は常にあるからね。自分たちを守るため、心の範囲を最小限に狭くするんだ。そしてこの小さなメンタリティが、よくわからない人達への嫌悪感を持たせるんだ。

 

でも、僕らは誰もが等しく弱くて不安だってことを認められるくらいに成長しなきゃいけないし、内なる弱さや恐れを隠すための武装は解除しないといけない。マジ、カッコ悪いから。

 


So if we are not resorting to those three, what can we count on? Yes, FRIENDSHIP.

政治、お金、暴力-それら三つに頼らないというのなら、ぼくらは何に頼ればいい?そう、友人関係だよ。

As I've already said, we all know what's the simplest way to solve all these problems we're facing, and that's love and friendship with no sidedness but openmindness.

 

C'mon, you all know that. You don't wanna hurt somebody you love, and you want your friends to become happy as much as they treat you nicely to make you happy. 

 

Some people are smarter and richer than others, and some people are blessed to have much more than you do from the beginning. But that doesn't mean we can make friends over all the differences we have, because after all, we're all human beings that can love and accept each other.

 

SoC English Cafe was founded in 2015 around Tokyo, and since its very beginning, FRIENDSHIP has always been our community concept. It's not only a beatiful yet empty phrase to chant, because the concept and our system was integrated. It's not a free service as long as our staff team is working hard to give the members great opportunities to enjoy communication and also to improve language skills, we desrve being appreciated by getting paid the least. However, we don't set the price high as other businesses would do to maximize their profits. We support our friends without prioritizing to make ourselves rich. We try to give up on going for a profit, and the given-up part on our side is called FRIENDSHIP.

 

And now that the world is facing one of the biggest crisis in the modern history, we decided to open our online cafe named WORLDWIDE. For this service, the way to show your appreciation is not only by paying money. We all know that the income levels are different depending on where you are rooted in, and also a lot of people are now losing their jobs and incomes in the coronavirus shock. We don't want to stay in the culture enslaved by money god, because money is just a tool to live happily with friends, and friends always come prior to money. This is our flag of friendship, and we ask you to show your friendship flag by supporting us back through one of the ways below;

 

1. [Monthly Fee Plan] You can show your love towards this community by paying a monthly fee each month.

 

2. [Volunteer Plan] You can register as our volunteer staff to facilitate the meeting either in English or your mother tongue.

 

3. [Recruiter Plan] You can help us grow this friendship circle by making the people around you join our friendship community.

 

More about our plans in details

 

As long as we still live in the society where everyone lives on money, we also need income and the monthly fee membership helps us continue this activity. So we first ask you to join with the regular membership plan as long as you are financially stable. However, if you are financially unstable, you can also return the friendship gift by choosing to work with us as one of the volunteer staff or the recruiters.

 

So there's apprently a way for any of you to take part in this friendship circle and learn how to communicate in different languages, which would enrich your life and lead you to a broader future possibilities. We don't need any server nor customer here, but we want to get connected to the people all over the world as friends.

 

There are tons of problems in front of us, but they can be solved by a simple way if we let a part of our greediness go. Stop expecting the government to do everything for us, stop worshipping money and get back to what's most important for us, and get connected to the people all around the world to know that we're not enemies but friends!

 

Friends are there to help each other. If we can get connected as friends, we can change the world in the most positive way ever.

 

すでに言ったことだけど、ぼくらが直面している数々の問題を解決する最も簡単な方法を僕らは知っているんだ。それは、敵味方をつくらないオープンマインドな愛情と友情なんだ。

 

本当は君にもわかってるはず。愛している人を傷つけたくはないし、君の幸せを願って君を大切にしてくれる友人には、同じように幸せになって欲しくなるもの。

 

ある人達は他の人たちよりも賢くて裕福で、またある人たちは最初から君よりもはるかに多くを持っている幸運に恵まれているよね。でもだからといって、あらゆる違いを乗り越えて僕らが友人になれない、ということにはならないと思うよ。だってつまるところ、僕らはみんな互いを愛して受け入れることができる人間なんだからさ。

 

SoC英会話カフェが2015年に首都圏で設立されたその一番最初の時点から、フレンドシップは僕らのコミュニティのポリシーだった。それはただ唱えるだけの美辞麗句ではなく、コンセプトと料金システムはきちんと統合されたものだった。メンバーのみんながコミュニケーションを楽しんで語学力を高める機会が得られるようにスタッフチームが一生懸命働いている以上、それは無料のサービスでは当然ないよね。ぼくらは最低限の支払いを受けて感謝されるに値されると思ってる。でも、他のビジネスのように利益の最大化を目指し、マーケティングが許容する範囲の中でなるべく高い価格設定にしようとは僕らは考えない。ぼくらは自分たちを豊かにすることを優先せずに友人を友人としてサポートしたい。利益追求をあきらめることで、私たちが利益として獲得することを放棄した部分に入っているのが、フレンドシップと呼ばれるものなんだよ。

 

そして世界が現代史における最大の危機のひとつに直面している今、WORLDWIDEというオンラインカフェを開くことを決めたんだ。このサービスでは、感謝を示す方法はお金を払うことだけじゃない。どこに住んでいるかによって収入レベルが違うのは言うまでもないことだし、また多くの人がコロナウイルス・ショックで仕事と収入を失っているよね。僕らはお金という神に奴隷化された文化にとどまりたくはない、だってお金は友人たちと楽しく生きるためのひとつの道具でしかなく、友人とは常にお金よりも先に来るものだからね。これが僕らの友情の旗で、みんなにも下記に挙げる方法のいずれかを通じて友情の旗を見せて欲しいと思っているよ。

 

1. [月額プラン] 月謝を支払うことによって、このコミュニティへの愛着を表現。

 

2. [ボランティアプラン] 英語かあなたの母国語でミーティングを司会進行するボランティアスタッフとして登録する。

 

3. [リクルータープラン] オフラインの友人や、SNSなどを通じて、周囲の人達をこのコミュニティに招待することで、友人関係の輪を育てるお手伝いをしてもらう。

 

プランについてより詳しく知る

 

お金をベースに生きている社会で暮らしている限り、僕らにもまた収入が必要で、月額メンバーシップはこの活動を続けていくための原資になる。だから安定収入が得られている人には、まずは最初のプランで参加してほしい。とはいえ、いま経済的に不安定な人は、ボランティア・スタッフやリクルーターとして動くことで友情を表現してもらうこともできるってことなんだ。

 

だから、どんな状況にある人でもこの友人関係の輪に加わることができるし、異なる言語でのコミュニケーションを学んで、未来の可能性を広げることができるんだ。そこにはサービス側も顧客側もなくて、僕らは世界中の人たちと友人としてつながりたいと思っているよ。

 

ぼくらの前には沢山の問題が山積しているけれど、もしも僕らが強欲さを少しでも手放すことができたなら、簡単に解決できてしまうんだ。政府が僕らの面倒を全て見れくれると期待することは止めよう。お金を拝むのは止めて最も大切な原点に立ち戻ろう。そして、世界中の人たちとつながって、僕らは敵ではなく、友人同士なんだということを知ろう!

 

友人とは互いに助け合うもの。もしもぼくらが友人同士としてつながれるのなら、ぼくらにはかつてなくポジティブな方向に世界を変えることだって出来るはずだよ。