What's SoC?


SoCという名前について


School of Concept

膨大な量の単語を辞書を引いて文法を確認しながら学ぶのではなく、日常と関係する概念と結びつけてハイスピードで使って習得する、という考え方をベースにしています。

School of Communication

ただ単にTOEIC等のテストで満点が取れればいい、という話ではなく、言語はあくまでコミュニケーションの手段。会話力を重点的に高めるためのトレーニングが特徴です。



SoCに入ると?


カフェで仲間と成長できる

SoCの大きな特徴は、学びの環境。ビルの中の閉鎖空間ではなく、あくまで日常生活に溶け込んだオープンな空間でみんなと一緒に勉強し、会話を楽しむスタイルです。


半年で日常英語を話せるようになる

大人になっていきなり海外に移住するより、海外に行っても通用する「英語の世界」のベースを日本で先に作っておくほうが得策です。SoCではそれが実現できます。



アクティビティに参加できる

SoCでは、まずはベースとなる教材で学ぶセッションで力をつけ、それを活かして仲間と自由に練習できるアクティビティに参加できます。

年間で約1万語の言葉に触れる

多くの日本人の単語力は1,500~3,000語ほど。語学の基本は言い回しと単語の数です。約1万語を”覚える”のでなく、使って”慣れ”ることで、英字新聞も怖くなくなります。



英語力×仕事力が身につく

SoCでは、自分の言葉で相手にメッセージを伝える、というプレゼンテーション力の強化に重点を置いています。自己紹介に始まり、商品や事業の紹介なども練習します。

忙しい社会人でも参加できる

高校生や主婦層や夜間勤務の方は午前午後の部、大学生や社会人の方向けには夜の部、また週末にもセッションを行いますので、柔軟にスケジュールを組むことができます。

 



セッションとは?


セッションは、教材を使った授業と、ロープレ形式のトレーニングを行う場です。フリートークでしゃべり続けるスタイルのカフェ英会話とは異なり、一気に実力を開花させるための教育プログラムです。

 

SoCセッションの特徴

・まずは、正しく音を出す発音トレーニング指導から入ります。発音が改善されると、みるみる聞こえるようになります。

・会話のベースとなるキャッチボールを徹底的にパターンとして練習し、まずは基礎会話力を身につけます。

シーンロープレを通して、会話キャッチボールの感覚をつかみます。

年間約1万という膨大な単語と言い回しを、辞書を使わずにしゃべって慣れるトレーニングを行います。

コンセプト別に分類された、視覚的単語リストを活用するので、日本語を介さない英語が身に付きます。

・伝達、質問、説明(プレゼン含む)などのテーマに沿ったトレーニングで、論理的説明能力を鍛えます。

 

《希望者限定》

・プレゼン、企画立案トレーニングセッションも実施します。

・英字新聞、決算書等のリーディングセッションも実施します。

・日本語での就活面接対策、論文対策、プレゼン対策セッションも実施します。

・ICUや慶応SFCなどへの受験英語対策指導セッションも実施します。

 


アクティビティとは?


セッションが学びの場とすれば、いわゆる部活に当たる自主参加アクティビティはコミュニケーション実践の場です。セッションでは大量の言い回しや単語に触れ、その場で全てを自分のものにすることはできません。(但し、何度か触れているうちに、自然に自分の中にインプットされていくので、無理に覚えようとしてガリ勉する必要は一切ありません。)セッションで学んだことを、アクティビティで再び使うことで、その表現が徐々に自分のものとして定着します。

 

通常アクティビティ(自主参加)

カフェや飲食店等でのSoC英会話の部活動です。志を同じにする参加メンバーと一緒に、フリートークで会話を楽しみながら、英会話に慣れていくことが目的です。(レッスン指導は一切行いません)

 

特別イベント(自主参加)

不定期で開催される、楽しいイベントやプロジェクトです!越谷での飲み会やBBQなどの他、興味のあるメンバーと英語を使った地域活性化プロジェクト等の企画開催も予定しています。

 


SoC紹介プレゼンテーション


1.これは、英語習得に関するSoCのスタンスについて説明する1stプレゼンテーションです。


3.私達の考えるコミュニケーションは、「伝えること」と「質問すること」から成り立つものです。


5.質問すること。相手が誰で、何を感じて考え、何を必要とし、何ができるのか。相手に説明を求めること。


7.コミュニケーションスキル向上の秘訣は、キャッチボールの上達です。シンプルですが、実践するのは難しい。


9.これらの要素は段階的なもので、互いに影響を及ぼし合っています。


11.好奇心。自己マインドが満たされると、自分以外のことを知ろうとするポジティブな欲求が生まれます。


13.経験値。物事を理解するベースで、経験値が増えるたびに話題の豊富さや個性、自信と説得力は高まります。


15.論理性。話に客観性をもたらし、混沌に規律を生み出す最強のツール。但し、共感力がなければゴミです。


17.英語はただのツール。英語は学ぶというより、日本語同様、使って習得するものなのです。


19.SoCは、様々なコンセプトへの理解と、コミュニケーション力を高めるための機会をご提供する場です。


21.詳細情報は、上記まで気軽にメールするか、Facebookページにアクセスして頂ければと思います!

2.最初にざっくりお尋ねしたいのですが、そもそもコミュニケーションとはあなたにとって何すか?


4.伝えること。あなたが誰で、何を感じて考え、何を必要とし、何ができるのか。さらに何かを説明する行為。


6.野球練習のように、私達は日常的に言葉のキャッチボールを行っています。


8.私たちのコミュニケーションには、後ほど個別に詳述しますが、6つの要素が大きく影響しています。


10.マインドの状態。受容される安心感と正しい自己認識、開かれた心、豊かな感情と願望が成長の源泉です。


12.言葉のスキル。流暢に聞けて、話せて、読み書きする力は当然、コミュニケーション成立の前提条件ですね。


14.共感する力。他人の気持ちを思いやり、愛すること。マーケティングの基本は共感力です。


16.もうおわかりですね?日本語・英語問わず、共通のコミュニケーション力がベースになっているのです。


18.コミュニケーションについてご一緒に考えてきました。では、「SoC」とは何なのか?


20.先述した6つの要素に基づいて構成され、安心できる環境であなたの中に英語の世界を生み出すプログラムです。


22.言葉は自分を表現し売り込むためのツールです。辞書はいりません。文法も後からついてきます。Let's Start!



SoCの基本情報


SoC Web

日々、SoCからの友人としてのメルマガが届きます。メルマガ会員の方を対象としたWebスクールプロジェクトも現在企画中です。